投稿

私立セクシー学園 第二十一話

露央沙が、振り返ると、そこにいたのは、一人の人物だった。その身なりからして、男性ということはわかる。“男性”というのは、その人物が、学生服を着ていなかったからである。その人物は、カーキ色のハンチングを目深に被り、サングラスにマスクという風貌だった。また、首には、マフラー、帽子と同系色のハーフコート、同じくカーキ色のズボン、黒革靴というスタイルだった。

私立セクシー学園 第二十話

 と、露央沙は、ふと、背後に視線を感じた。振り返る露央沙。そこに居たのは...。

私立セクシー学園 第十九話

 別の日。学校敷地内。西北の方角。山と隣接しているところ。隣接している、というより、ほとんど山が、学校敷地内に浸食して来ているのだが。ここは、学園の圏内でも西北の外れに位置する界隈だった。露央沙は、ここにいた。つい先程まで、B男(A男とは、別の下級生。A男と同じ高校一年生。)と、例によって隣の山中で戯れていた直後である。直後のため、火照った体を冷ますため、この場末に足を停めたのだった。

私立セクシー学園X 第十八話

 別の日。学校敷地内。西北の方角。山と隣接しているところ。隣接している、というより、ほとんど山が、学校敷地内に浸食して来ているのだが。ここは、学園の圏内でも西北の外れに位置する界隈だった。露央沙は、ここにいた。つい先程まで、B男(A男とは、別の下級生。A男と同じ高校一年生。)と、例によって隣の山中で戯れていた直後である。

私立セクシー学園X 第十七話

 発狂するA男。そんなA男を見て、露央沙先輩は、満足げな微笑を浮かべるのだった。

私立セクシー学園X 第十六話

 「露央沙先輩!イキそうです!もうダメです!出ます!出します!イカせます!」 どうやら、男子生徒は、露央沙の後輩、下級生のようだ。 「いいわよ。イっても❤」 下級生男子(仮にA男とする。)の、再度のイキにも表情を変えない露央沙だった。さらにはげしくガン突きする下級生男子、A男。 「好きです!露央沙先輩!好き好き~❤結婚して下さい!」